12/6 (日)、12/13(日)、12/20(日)
【オンライン】初心者が知りたいOAアプローチ!〜股関節OAに対するノウハウ〜
概要

股関節疾患の中でも最も多く担当するであろう股関節OA

 

日常生活復帰やスポーツ動作において大切なのは重々承知、でも覚えないといけないことが多すぎてどこから評価とか介入をしたらいいのかわからない…なんて経験、あるのではないでしょうか。

 

そんな股関節OA、徹底的に簡易的にまとめてあります!新人の方はもちろん、臨床で今の自分の腕に自信を持ちたい人はオススメです。

 

こんな悩みはありませんか?

 

✔︎股関節を基礎から勉強したい

✔︎運動器の勉強をしたい

✔︎今まさに股関節疾患の患者さんを対応しているから質問したい

✔︎股関節の関節運動で痛みがでる現象に対して評価方法を知りたい

✔︎とにかく統合、解釈の道筋を教えて欲しい

✔︎股関節に着目した動作観察や分析の仕方を教えて欲しい

✔︎今さら、基礎を人に聞くのは恥ずかしいけど自分で勉強となるとどこからしたら。。。

 

 

思い当たる方は、ぜひご参加ください。

 

明日から使えるノウハウをお伝えします!

講義内容

当講義は3部構成になっております

部分的に受講することも可能です。内容はそれぞれ分断ではなく連結している内容ですので、全受講の方がより相違なく 受講できます。

 

【基礎編 12/6(日)】

・股関節の基本的構造〜解剖学、運動学〜

股関節は呼称自体は単体で呼びます。実際の関節運動となると股関節は骨盤と腰椎と連動して運動をしています。なぜ連動するのか、どうして単体では動けないのか、連動するメリットなど話します。

 

・周辺組織の変化

股関節はその構造上、タイトになりやすい組織が存在します。また、一定ラインを越えると介入が非常に難しくなるケースもあります。組織に対する考え方など話します。

 

・股関節OAのプロトコル

文献などを基に実際に臨床応用できるポイントを話します。

 

【応用編 12/13(日)、12/20(日)】

・関節評価

概要編で講義する関節の構造などを基にどのように評価したら良いのかお話ししつつ、神経系のお話や血管などの関係性も話します。

 

・アプローチ方法

プロトコルに沿ったアプローチの選択や、OA術後に対するアプローチなど、基礎的解剖学や運動学に基づいた方法をお伝えします。

開催日時・場所

○開催日

・基礎編  2020/12/6    (日) 1時間半

・応用編① 2020/12/13  (日) 1時間半

・応用編② 2020/12/20  (日) 1時間半

○場所

自宅などWi-Fi環境のある室内

○時間:

受付20時00分よりzoom起動可能 

セミナー時間20時30分~22時00分

*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

○対象

PT/OT/ST/

柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト

○定員

30

 

○必要な物 *詳しくはセミナー案内時に

PC(Windows or Macでも可)

マイク、ヘッドセット、カメラ(PCにマイクやカメラが内蔵されていればそのまま参加可能)

○費用

各回 2980円

全3回受講 7980円

(通常受講より約1000円お得です

【オンライン受講特典】

PDFで資料がもらえます

②3回分の講義内容が+1000円で講義後に動画で復習が可能です

今回の講義は動画受講をお勧めします。当日、受講できなかった場合に後日受講できるようにするため

 にも必要と思われます

オンラインサロンRehabilitation Squareに加入した方は動画無料となります。  ⇒詳しくはこちらから

③講義後に質問タイムを設けて講師に質問が出来ます(講義以外の内容でも可能)

講師紹介

​安齋 将史

 

資格・活動:理学療法士、高度専門士、福祉住環境コーディネーター2級、自費整体運営、

      物理療法取り扱い

股関節OAは症例が多い上に非常にアプローチに悩む疾患です。

一概に痛みの改善だけでは介入がうまくいかない場合もあるし、股関節だけ評価しても機能改善に結びつかないことも多々あります。

なぜうまくいかないのか、何が必要なのかなど考えていただきながら、明日からの臨床に活かせるものをお伝えします。

関連団体

​|

© 2019 by shin-reha no tsudoi. Proudly created with Wix.com