7/29 (日)
新人でも実践できる‼︎認知症の評価と治療
概要

増加する認知症者について、作業療法士としてどのように評価・治療を行っていくのか、教科書や学校だけでは分からない臨床経験を踏まえて講義します。

 

こんな方にお勧めします!​

● 認知症を基礎から学びたい

● 認知症者の作業療法評価を知りたい

● 認知症者の作業療法介入を学びたい

● 認知症者の身体機能へのアプローチに自信がない

● 認知症者の身体機能へのアプローチを学びたい

● 集団精神科作業療法ばかりやっていることに疑問を感じる

● 精神科作業療法従事者でも身体機能へのアプローチが必要だと思っている

 

今後の作業療法士の認知症対策は、ADLやIADLを含めた日常の生活行為の障害について、その原因を科学的に分析しリハビリテーションを実施することが重要だと言われています。しかし、現状認知症患者を対応としているのは、精神科作業療法であることが多く、身体機能面やADL面へのアプローチが不十分であるとも言われています。

そのため、新人療法士や精神科作業療法士として従事する方でも、認知症患者に対し自信を持って評価や治療を行えるよう当セミナーをご利用していただければ幸いです。

講義内容

1. 認知症とは?(病態の整理)

アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症について

2. 認知症者に必要な作業療法評価とは?

(1) 精神認知機能:意識、記憶、見当識、高次脳機能、情動、意欲 など

(2) 身体機能:筋力、関節可動域、筋緊張、姿勢 など

(3) 活動・参加:コミュニケーションスキル、基本動作、ADL など

(4) 環境:物的、人的、社会制度 など

(5) 個人因子:生活歴、興味関心 など

3. 認知症者に必要な作業療法介入とは?

(1) 集団精神科作業療法の実践例紹介

(2) 個別訓練:基本動作、ADL

開催日時・場所

○開催日

2018/7/29(日)

○場所

ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)

http://www.yokohamashakyo.jp/willing/s-14-1-1.html

介護実習室2

○時間:

受付9時30分 

セミナー時間10時00分~16時00分

○対象

PT/OT/ST/

柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト

○定員

40名

○費用

通常:9000円

ペア割:8000円 

講師紹介

​嘉部 匡朗

作業療法士

大学病院勤務(精神領域) 

進リハの集いスタッフ

作業療法士として、精神科病院に勤務し、大学院にて、精神科作業療法の

アプローチについて研究をしてきました。

現在は、個別アプローチに興味を抱いており、身体アプローチの導入も

精神リハビリテーションに必要ではないかと考えています。

少しでも多くの方が満足できるようなリハビリテーションを提供したいという気持ちがあります。進リハでは多くの分野の方の話しが気軽に聞けて新鮮です。

精神科だからといった枠にとらわれない作業療法を考えてる方、少しでも興味を

持っている方などの参加をお待ちしています。

​嘉部 匡朗

関連団体

​|

© 2019 by shin-reha no tsudoi. Proudly created with Wix.com