12/15 (日)

 

​明日から臨床で結果の出せる上肢セミナーin愛知
概要

上肢を対象にクライエントを治療しているが、治療手段に悩んでいる方必見!!または筋骨格系の触診に自信がない方は必見です!!

 

臨床でこんな悩みのある方はいませんか。

○評価後のアプローチの仕方に悩み、治療結果が出せない。

○触診技術が甘い。

○とにかく結果を出したい。

○筋骨格系の問題であるにもかかわらず、代償手段を先に考えてしまう。

○筋と筋膜の差を知りたい。

○アライメントを調整したい。

○解剖学、生理学、運動学が苦手だ。

○治療手段を少しでも身につけたい。

○実技をたくさんしたい。

○痛みを少しでも緩和させる技術を身につけたい。

○痛みがある方に対して筋トレだけをしてしまっている。

 

もしひとつでも当てはまるのであれば参加をお勧めします。

 

上肢治療よって得られるもの

○筋・筋膜性の疼痛改善

○可動域改善

○上肢機能向上(手、肘、肩、体幹から)

○痙性の強い方のつまみ動作の向上

○肩こりの軽減

○猫背の改善

○触診技術の向上

○不定愁訴の改善(気怠さ・疲れの改善など)

 

対象疾患

どの疾患に対してもベースとして持っていることが重要なことですので、疾患は問いません。健康な方から障害のある方まで通じる技術です。

講義内容

■実際のアプローチについての考え
・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース
・離開とその動き(モビライゼーション)について

■触診に必要な心得

・相手を緊張させない触り方の実践

■肩・肩甲骨・胸部のアプローチの実際

・斜角筋リリース

・胸鎖乳突筋リリース

・僧帽筋リリース

・肩甲挙筋リリース

・小胸筋リリース

・棘上筋リリース

・棘下筋リリース

・小円筋リリース

・肩甲下筋リリース

・肩甲骨モビライゼーション

・肩甲胸郭関節の離開(前鋸筋リリース)

・胸郭リリース

・三角筋リリース

■前腕・肘・上腕のアプローチの実際

・上腕二頭筋リリース

・上腕三頭筋リリース

・前腕筋膜リリース

・前腕回内・外分離運動(前腕屈筋・伸筋群リリース)

■指・手根骨・手関節のアプローチの実際(手のアーチの改善に向けて)

・手根管の調整

・手根骨モビライゼーション

・手根中央関節モビライゼーション

・橈骨手根関節モビライゼーション

・手根中手関節モビライゼーション
・指関節モビライゼーション

 

*セミナー翌日からの臨床で早速手技を使って頂きたいので、

 当セミナーは実技中心のセミナーになっております。

開催日時・場所

○開催日

2019/12/15(日)

○場所

刈谷市総合文化センター(刈谷駅南口より徒歩3分)

http://www.kariya.hall-info.jp/index.php?menuID=5

​404号室

○時間:

受付12時30分 

セミナー時間13時00分~18時00分

○対象

PT/OT/ST/

柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト

○定員

40名

○費用

通常:9000円

ペア割:8000円 

講師紹介

​青木 啓一郎

認定作業療法士

​進リハの集い代表

昨今、テクニック系、東洋医学系のセミナーが流行していますが、まずは既存のリハビリテーションの分野をしっかりとできることが大事かと思われます。

基礎的な評価ができていること、それができているのであれば、今の状況に困惑せずにリハビリテーションを提供できることと思います。「リハで改善するもの」、「リハだけでは難しいが連携を組み、今の能力でできることを提供していく」

など・・・いろんな患者様が病院にはいるわけです。

機能面に固執することなく幅広い視野でリハビリテーションが提供する側面を考えられるようにセミナーを実施していきたいと思います。

是非、新人の作業療法士さんには参加していただきたいと思っています。

よろしくお願い致します。

​|

© 2019 by shin-reha no tsudoi. Proudly created with Wix.com